12CMは2日、フランス、デジタルロイヤリティマーケティング専門企業アデリア(ADELYA)とスマートスタンププラットフォーム供給契約を締結したと4日明らかにした。

遠投のCMPは、いわゆる「スマートフォンに撮るスタンプ」という概念のO2O(Online to Offline)、ピンテック源泉技術をベースに事業を推進する企業として、2013年の創業以来、現在23カ国で、そのサービスのプラットフォームを提供しています。

フランスのアデリアは18年間フランスで様々なロイヤリティサービス事業を展開してきた。今回の契約により、遠投のCMPのスマートスタンププラットフォームとアデリアのロイヤリティマーケティングプラットフォームを統合し、フランスとEU市場を対象に、2020年から本格的なサービスを推進する計画である。

イヒェリン遠投のCMP欧州担当事業マネージャーは「遠投のCMPは、欧州市場本格進出のために、欧州GDPRを綿密に分析し、フランクフルトのクラウドノードに欧州基準に合わせたプラットフォームのインフラストラクチャを準備してきた」と明らかにした。