NSを活用した獲得サービス「エコスプラス」の開発会社ワンツーのCMP(代表ハンジョンギュン)は6日、(社)韓国のインターネットの専門家協会が主催する「ソーシャルアワードアワードコリア」の授賞式でカカオストーリー部門大賞を受賞したと23日、明らかにした。

遠投のCMPの従業員が「ソーシャルアワードアワードコリア」の授賞式でカカオストーリー部門大賞を受賞した。写真/遠投シェムリ
▲遠投のCMPの従業員が「ソーシャルアワードアワードコリア」の授賞式でカカオストーリー部門大賞を受賞した。写真/遠投シェムリ

(社)韓国のインターネットの専門家協会が主催し、子供賞委員会が主管する「ソーシャルアワードコリア」は、インターネットの専門家3000人で構成された子供アワード評価委員団の客観的かつ公正なオンライン評価審査結果に基づいて▲ビジュアルデザイン▲UIデザイン▲技術▲コンテンツ▲マーケティング▲サービス面で最も革新的で優れたアプリを選定して授賞する賞である。

「ソーシャルアワードコリア」で大賞を受賞し、エコスプラス」サービスは、韓国を代表するSNSサービスであるカカオトークプラスの友人のチャンネルを活用して運営がされている。訪問顧客が別のAPPインストールやログイン過程を経なくても、店のカカオプラス友達チャットウィンドウでモバイル獲得クーポンを発行される利点がある。

「エコスプラス」は、ビジュアルデザイン、コンテンツ、UIデザインの卓越性部門で高い評価を受け、対象に選ばれた。特にコンテンツ・アクセシビリティが容易で、メンバーシップサービスの利用が簡単で、全体的なサービスと、画面UIがよく構成されているという評価だ。

バクグンヨウン遠投のCMP理事は「世界で発生する1日約400万件以上のデータを様々な広告やピンテック応用分野に拡大する事業を準備中」とし「このような事業を海外にも継続的に拡大するだろう」と明らかにした」

2013年に設立されたワン・ツーのCMPの「デジタル塗装」の技術は、特許220以上で保護されている。スマートフォンの画面に塗装を撮るだけです。動作原理は、スマートフォンの「パターンロック」方式と似ている。スマートフォンアプリ(アプリケーション)が塗装に込められた特定の静電パターンをタッチパネルとして認識して情報をネットワークに送信する。以来、クラウドで構築したシステムで決済・認証等の手続きを処理する。

エコススタンプは販売時点情報管理システム(POS)がない店やアウトドアイベント会場でも使用することができる。スマートフォンアプリとクラウドシステムでは、すべての認証手続きが行われるからである。タブレットPCのような別の電子機器を購入する必要がなく、システム構築も容易である。また、近接無線通信(NFC)やBluetooth技術を必要としないいくつかのスマートフォンでも使用することができる。

遠投のCMPは、技術をベースに活発に海外事業を展開しており、世界中22カ国に対応する技術を提供して事業化しており、様々なイベントプロモーション、店舗対象ロイヤリティマーケティング、モバイルクーポンとモバイル決済など、その適用領域を拡大している。